無駄のないコード

チラ裏御免。

Project Eulerの上位陣と自分のコードを比較してみると、明らかに変数の量が違う。

自分のコードでは、一回しか使わなないのに変数として保持したままになっていることが多い。数列の一部分は「とりあえず」で保存してしまっている。ループ中に必要になるのはそのループにマッチした、特定の項だけだとしても。

以前は、方針がよく分からず例題用コードから行き当たりばったりで最適化を行うようなことをしていた。でも、今はコードを書く前にアルゴリズムを書き出すことができるようになっている...(いや、これは奢りだな)。計算量やメモリ量を見積って、実行する前に計算時間があらかた予想できている。

これからは不要な変数に注意を払いながらアルゴリズムを考えるようにしよう。

 

いや、基本生兵法なのがいけないか。もっと本を読もう。

コメント

このブログの人気の投稿

git-svnでFILE was not found in commit HASH

神スクリプトの使い方 Codeforces編

JavaでIRCクライアント