駄文

駄文を書きたくなったのでテキトーに。

映画なんかで逃亡者が走っているのを見ると、小さい頃の夢を思い出してしまう。

当時は警察官になるのが夢だった。

この夢はすぐに諦めることになった。親から「太っていると犯人を捕まえられない」と指摘されたのだ。親は冗談だったかもしれないが、小学生にもなっていない子供にはそこまでは気づけない。

警察官になるのを諦め、同時に運動能力を必要とするものすべてを諦めてしまう。そして、勉学に希望を見出して精を出し始める。

鈍い小学生が成績トップになるのは簡単なことではなくて3年もかかってしまった。

皮肉なことに3年の月日は小学生の体を変えてしまうのには十分な期間だった。

身長が急激に伸び、肥満体型からスレンダーに変化した。足は長くなるし、筋肉も急速に発達した。その結果、運動能力でもトップクラスになってしまうのだった。

続きは、、、予定していない。

コメント

このブログの人気の投稿

git-svnでFILE was not found in commit HASH

JavaでIRCクライアント

神スクリプトの使い方 Codeforces編